年越しや初詣に赤ちゃんを連れて行ける?服装、ベビーカーについて

冬の行事

 

初めて赤ちゃんと迎える年越し、そしてお正月。

せっかく家族になったんだから、いろんな行事を一緒に体験したいですよね。
初詣に一緒に出かけて、写真もいっぱい撮りたい!
そんなパパとママの気持ちは、すごーくわかります。

赤ちゃんを初詣に連れて行っても大丈夫かな?と心配しているママさんもいらっしゃるでしょう。

私の経験になりますが、
まだ生まれたての赤ちゃんを連れての年越しや初詣は見送る方が無難だと思います。

でも首が座ってお座りできるようになっていれば、
一緒に初詣に出かけてもいいんじゃないでしょうか。

でも、ここで一つご注意を。
有名な初詣スポットは人手が相当なものになります。
赤ちゃんが押されたり、抱っこしているパパやママが転んだりしては一大事です。

そんなトラブルを避けるためにも、今年は近所の神社へ出かけてはどうでしょうか。
近所の神社は赤ちゃんにとっても氏神さまです。
ご挨拶も兼ねて初詣に出かけましょう。

一般に初詣は松の内(1月7日まで)にと言われていますので、
三が日にこだわらず、天気や赤ちゃんの体調も考えて出かけてくださいね。

赤ちゃんの初詣での服装について

赤ちゃんの服装は、1年の内でも最も寒い時期ですので、
風邪をひかないように、保温を第一に考えましょう。

暖かい服装で、風が強くても保温できるような素材のものを。

また、日向と日陰・室外と室内での温度差が大きくなりますので、
体温調節ができるように、こまめに脱ぎ着してあげてください。

また帽子、手袋も忘れずに。
着替えも必ず必要です。

赤ちゃんが寝てしまった時のために、毛布なども1枚持っているといいですよ。

荷物が増えてしまいますが、
赤ちゃんが風邪をひくなど体調を崩さないようにしてあげることが最優先です。

スポンサーリンク

初詣で赤ちゃんのベビーカーは必要?

神社やお寺などの初詣スポットは、
階段、段差などが多くなります。

また初詣時期は、人もすごく多くなりますので
ベビーカーは避けた方が無難です。

抱っこひもなどで抱っこして出かけるようにした方が安全だし、
他の人にも迷惑をかけません。

まとめ

赤ちゃんの年越し、初詣についてご紹介しましたが、
何よりも無理は禁物ですよ。

赤ちゃんとの初めての年越し、お正月に張り切ってしまう
パパとママのお気持ちもすごーくわかるんですが、
赤ちゃんの体調を最優先してあげて、楽しく家族でお正月を過ごしてくださいね。

そしてそして、ママの体調も!
無理して寝込んでしまったら大変ですから、
行けたら行くってくらいの気構えで予定を立ててくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました